カタログ制作特化への取り組みのご紹介

最終更新日

できたらいいな・・を実現しました!
【参照ノンブルの自動化】


今回は、参照ノンブルの自動化を紹介します。
自動化について調べてみると、インデザインに『相互参照』という機能があり、その機能を活用することで自動化が可能になります。

●導入メリット:
一度設定すればトバシ先のノンブルが変更になっても自動で反映されるので、ページが変わる度に【訂正指示をいれなくてもよい】【オペレーションしなくてもよい】というメリットがあります。

●しかし、課題も多い

・そもそもトバシ先があっているかは人間判断(指示)が必要

・自動設定されているかどうかのチェックは必要(ページが出てないとかゼロになっているとか)

・参照先が多いと設定に時間がかかる

・InDesignのファイル名が変わると参照先とのリンクが切れて再設定が必要

・逆にファイル名が変わってない旧版を参照先として追いかける可能性もアリ?(未検証です)

等々、運用フローが大事です。

これからも新しい機能への取り組みと紹介を続けていきたいと思います。
(参照ノンブル設定に興味をお持ちの方は、弊社へお問い合わせ下さい。)

シェアする